Outlook 2016で作業するときにいくつかの一般的なキーボードショートカットを知っていると、時間を節約できます。 これは、多くのアクションをカバーする包括的なリストです。

Outlook 2016 for Macで作業するときにいくつかの一般的なキーボードショートカットを知っていると、時間を節約できます。 MicrosoftがOutlook2011 for Macを導入したとき、Entourage2008で慣れていたコマンドの多くが変更されました。 最新バージョンのOutlook2016は、Outlook 2011からアップグレードした場合でも使い慣れたものです。WindowsバージョンのOutlookを使用している場合は、より快適に過ごせます。 El Capitanでのフルスクリーンビューやスプリットビューのサポートなど、Macの独自の機能に加えて、多くのインターフェイス要素が同じように機能します。

キーボードショートカットを使用して時間を節約し、生産性を高めたい場合は、ショートカットを忘れた場合や新しいショートカットを学習したい場合に、このページをブックマークして戻ってください。

一般的なOutlook2016コマンド

注:これらのほとんどは、最新バージョンのOutlookでも機能するはずです。 Microsoft 365(以前のO365) Officeアプリのスイート。

Action Command
アイテムを保存する ⌘+ S
アイテムを印刷する ⌘+ P
最後のアクションを元に戻す ⌘+ Z
最後のアクションをやり直します ⌘+ Y
アクティブなウィンドウを最小化する ⌘+ M
ナビゲーションペインに新しいフォルダを作成します SHIFT +⌘+ N
閲覧ウィンドウを非表示にするか、右側に表示します ⌘+
閲覧ウィンドウを非表示にするか、下に表示します SHIFT +⌘+
選択したアイテムを別のフォルダに移動します SHIFT +⌘+ M
選択したアイテムを別のフォルダにコピーします SHIFT +⌘+ C
アイテムリストがアクティブペインの場合は、アイテムリスト内のすべてのアイテムを選択します ⌘+ A
リボンを最小化または拡張します オプション+⌘+ R
Outlookを非表示にする ⌘+ H
Outlookを終了します ⌘+ Q

ウィンドウとダイアログボックス

Action Command
メールビューに移動 ⌘+ 1
カレンダービューに移動 ⌘+ 2
連絡先ビューに移動 ⌘+ 3
タスクビューに移動 ⌘+ 4
ノートビューに移動 ⌘+ 5
[同期ステータス]ウィンドウを開くか、アクティブウィンドウにします ⌘+ 7
同期エラーを開くか、アクティブウィンドウにします ⌘+ 8
連絡先検索ウィンドウを開きます ⌘+ 0
[設定]ダイアログボックスを開きます ⌘+カンマ(、)
開いているウィンドウを順方向に循環します ⌘+チルダ(〜)
開いているウィンドウを循環します SHIFT +⌘+チルダ(〜)
アクティブなウィンドウを閉じます ⌘+ W
選択したアイテムを開きます ⌘+ O
ウィンドウ内のコントロールを前に進みます タブ
ウィンドウ内のコントロールに戻ります SHIFT + TAB

検索

Action Command
Outlookで基本的な検索を行う オプション+⌘+ F
Outlookで高度な検索を行う SHIFT +⌘+ F
アイテム内のテキストを検索する ⌘+ F
アイテムで検索したテキストの次のインスタンスを検索します ⌘+ G
アイテムで検索したテキストの前のインスタンスを検索します ⌘+ SHIFT + G

郵便

Action Command
新しいメッセージを作成する ⌘+ N
オープンメッセージを送信する ⌘+リターン
送信トレイですべてのメッセージを送信し、すべての受信メッセージを受信します ⌘+ K
送信トレイ内のすべてのメッセージを送信します SHIFT +⌘+ K
開いているメッセージを保存して、下書きフォルダに保存します ⌘+ S
開いているメッセージに添付ファイルを追加します ⌘+ E
[スペルと文法]ダイアログボックスを開きます ⌘+コロン(:)
開いているメッセージの受信者名を確認してください CONTROL +⌘+ C
メッセージの送信者に返信するか、メッセージがメーリングリストからのものである場合は、メーリングリストに返信します ⌘+ R
全員に返信 SHIFT +⌘+ R
メッセージを転送する ⌘+ J
選択したメッセージを別のウィンドウで開きます ⌘+ O
選択したメッセージのフラグをクリアします オプション+⌘+アポストロフィ( ‘)
選択したメッセージを迷惑メールとしてマークします ⌘+ SHIFT + J
選択したメッセージを迷惑メールではないものとしてマークします ⌘+ SHIFT + OPTION + J
前のメッセージを表示する CONTROL + [
Display the next message CONTROL + ]
メールビューで前のペインに移動します SHIFT + CONTROL + [
Navigate to the next pane in the Mail view SHIFT + CONTROL + ]
選択したメッセージをフォルダに移動します SHIFT +⌘+ M
開いているメッセージまたは閲覧ウィンドウのテキストの表示サイズを小さくします ⌘+ハイフン(-)
開いているメッセージまたは閲覧ウィンドウのテキストの表示サイズを大きくします ⌘+プラス(+)
テキストの次の画面まで下にスクロールするか、メッセージの最後にいる場合は、次のメッセージを表示します スペースキー
テキストの前の画面まで上にスクロールするか、メッセージの先頭にいる場合は前のメッセージを表示します SHIFT +スペースバー
選択したメッセージを削除します 消去
選択したメッセージを完全に削除します SHIFT + DELETE
現在のメッセージを削除し、メッセージウィンドウが開いている場合は閉じます ⌘+削除
選択したメッセージを既読にする ⌘+ T
選択したメッセージを未読としてマークする SHIFT +⌘+ T
フォルダ内のすべてのメッセージを既読にする オプション+⌘+ T

カレンダー

Action Command
新しい予定を作成する ⌘+ N
選択したカレンダーイベントを開きます ⌘+ O
カレンダーイベントを削除する 消去
ビューを切り替えて今日を含める ⌘+ T
日表示で、前日に移動します。 週ビューと稼働週ビューで、前の週に移動します。 月表示で、前月に移動します。 ⌘+左矢印
日表示で、次の日に移動します。 週ビューと稼働週ビューで、次の週に移動します。 月表示で、翌月に移動します。 ⌘+右矢印
カレンダービューで前のペインに移動します SHIFT + CONTROL + [
Navigate to the next pane in the Calendar view SHIFT + CONTROL + ]

人々

Action Command
新しい連絡先を作成する ⌘+ N
選択した連絡先を開きます ⌘+ O
連絡先を削除する 消去
現在開いている連絡先を閉じて、前の連絡先を開きます CONTROL + [
Close the current open contact and open the next contact CONTROL + ]
人物ビューで前のペインに移動します SHIFT + CONTROL + [
Navigate to the next pane in the People view SHIFT + CONTROL + ]

タスク

Action Command
新しいタスクを作成する ⌘+ N
選択したタスクを開きます ⌘+ O
タスクを削除する 消去
現在開いているタスクを閉じて、タスクリストで前のタスクを開きます CONTROL + [
Close the current open task and open the next task in the Tasks list CONTROL + ]
タスクビューで前のペインに移動します SHIFT + CONTROL + [
Navigate to the next pane in the Tasks view SHIFT + CONTROL + ]

ノート

Action Command
新しいメモを作成する ⌘+ N
選択したメモを開きます ⌘+ O
メモを削除する 消去
現在開いているメモを閉じて、メモリストで前のメモを開きます CONTROL + [
Close the current open note and open the next note in the Notes list CONTROL + ]
ノートビューで前のペインに移動します SHIFT + CONTROL + [
Navigate to the next pane in the Notes view SHIFT + CONTROL + ]
メールでメモを送信する ⌘+ J
電子メールのHTML添付ファイルとしてメモを送信します CONTROL + + J

テキストの編集とフォーマット

Action Command
選択したテキストをクリップボードに切り取ります ⌘+ X
選択範囲をクリップボードにコピーします ⌘+ C
クリップボードから選択範囲を貼り付けます ⌘+ V
クリップボードから選択範囲を貼り付けて、宛先のスタイルに一致させます SHIFT + OPTION +⌘+ V
選択したテキストを太字にします ⌘+ B
選択したテキストを斜体にします ⌘+私
選択したテキストに下線を引く ⌘+ U
選択したテキストを取り消し線で消す SHIFT +⌘+ X
カーソルを1文字左に移動します 左矢印
カーソルを1文字右に移動します 右矢印
カーソルを1行上に移動します 上矢印
カーソルを1行下に移動します 下矢印
カーソルを現在の段落の先頭に移動します オプション+上矢印
カーソルを現在の段落の最後に移動します オプション+下矢印
カーソルを現在の単語の先頭に移動します オプション+左矢印
現在の単語の末尾にカーソルを移動します オプション+右矢印
カーソルの左側の文字を削除するか、選択したテキストを削除します 消去
カーソルの右側の文字を削除するか、選択したテキストを削除します キーボードにキーがない場合は、FN + DELETEを使用します。
タブストップを挿入する タブ
カーソルを行の先頭に移動します ⌘+左矢印
行の終わりにカーソルを移動します ⌘+右矢印
メッセージ本文の上部にカーソルを移動します ⌘+上矢印
メッセージ本文の下部にカーソルを移動します ⌘+下矢印
選択したテキストの先頭にカーソルを移動します ⌘+ホーム
選択したテキストの最後にカーソルを移動します ⌘+終了
スクロールアップする ページアップ
下へスクロール ページダウン

フォローアップのためのメッセージ、連絡先、およびタスクのフラグ付け

Action Command
選択したアイテムにフォローアップのフラグを付け、今日を期日とします CONTROL + 1
選択したアイテムにフォローアップのフラグを付け、明日を期日とします CONTROL + 2
選択したアイテムにフォローアップのフラグを付け、今週を期日とします CONTROL + 3
選択したアイテムにフォローアップのフラグを付け、来週を期日とします CONTROL + 4
選択したアイテムに、期限なしでフォローアップのフラグを付けます CONTROL + 5
選択したアイテムにフォローアップのフラグを付け、カスタムの期日を追加します CONTROL + 6
選択したアイテムにフォローアップのフラグを付け、リマインダーを追加します CONTROL + =
選択したアイテムを完了としてマークします CONTROL + 0
選択したアイテムのフォローアップフラグをクリアします オプション+⌘+アポストロフィ( ‘)

不足しているものがあれば、コメントでお知らせください。 また、追加のコマンドについては、Outlook2011の記事を確認してください。

Rate this post
前の記事これがWindows8の完全ガイドです
次の記事Windows10でCortanaを完全に無効にする方法