この記事では、フローチャートの基本的な記号の意味と、MicrosoftWordでこれらのフローチャートを描画する方法を学習します。

ほぼすべての業界で、人々はトラブルシューティング、意思決定、および論理分析の一部としてフローチャートを使用しています。

Microsoft Wordでフローチャートを作成する方法を学ぶと、この種の思考実験を行うためのツールをいつでも自由に使用できるようになります。

この記事では、フローチャートの基本的な記号の意味と、MicrosoftWordでこれらのフローチャートを描画する方法を学習します。 基本的なフローチャートをすでに理解している場合は、Wordでフローチャートを作成する方法のセクションにスキップできます。

基本的なフローチャート記号

Wordでフローチャートを描く前に、それらの記号の意味を理解することが重要です。

次の簡単なガイドは、適切なシンボルを適切なタイミングで使用するのに役立ちます。

スタートまたはターミネーター

楕円形のブロックは、 terminator。 いいえ、地球を救うようなターミネーターではありません。 このターミネータは、論理フローチャートの分岐を終了するために使用する種類です。 フローチャートの開始にも使用されます。

ステップブロック

プロセスブロック

ステップブロックは、フローチャートを作成するときに使用される最も一般的な形状の1つです。 これは、いくつかのプロセスまたは作業が行われるステップを表します。 たとえば、ユーザー入力に基づいて何かを計算するモジュールを含むコードを記述している場合は、プロセスブロックを使用して表現します。 Calculate User Results

決定ブロック

決定ブロック

多くの場合、フローチャートのロジックフローでは、プロセスが論理的な決定を行う必要があります。 これは通常、入力に基づいており、決定ブロックの上部に流れ込む1つまたは複数の線で表されます。 次に、決定は、論理の結果に基づいて出力を生成します。これは、決定ブロックの側面の下部から流れる線で表されます。

入力/出力データブロック

入力データブロック

フローチャートプロセスに出入りするデータを表すために使用されるさまざまなブロックがあります。 最も一般的なものは上に表示されているものです。 これらには以下が含まれます:

  • Input/Output:左のような台形ブロック。 これは、プロセス計算ブロックから出力することも、フローチャートの他のプロセスから入力することもできます。
  • Manual Input:入力フォームからの入力などのユーザー入力台形。
  • General Data Storage:右側に表示されている形状は、ファイルやデータベースに書き込む可能性のあるデータを表す一般的なデータストレージブロックです。

データベース、ドキュメント、内部ストレージなどの特定の形状もあります。 これらは、MicrosoftWordのフローチャート図形のコレクションにもあります。

その他の形状

雑多な形

最初のフローチャートを作成するためにWordに進む前に、知っておく必要のある一般的な形状が他にもいくつかあります。 これらには以下が含まれます:

  • Off-Page Connector:ここで2ページ目のフローチャートの開始のラベルをポイントすることにより、フローチャートを別のページに続けることができます。
  • Predefined Process:この場所で再利用する、他の場所で定義したプロセスブロックを参照します。
  • Merge:マージ三角形を使用して、他の2つのフローチャート行の出力を1つのプロセスに結合します。

通常、フローチャートの図形は、矢印で終わる線で接続します。 フローチャート全体で一貫している限り、任意の種類の線種を使用できます。

MicrosoftWordでフローチャートを作成する

基本的な最も一般的なフローチャート記号がわかったので、MicrosoftWordで独自のフローチャートを作成する準備が整いました。 ここで説明するフローチャートの例の目的は、ユーザーフォームから手動で入力するプログラムを作成することです。 このプログラムは酒屋で使用され、顧客がアルコールを購入する法的能力を自動的に確認できるようにします。

ユーザーは、画面のフォームに自分の名前と社会保障番号を入力します。 あなたのプログラムは彼らの年齢を取得するためにデータベースから彼らの情報を調べます。 21歳以上の場合、プログラムはアルコールの購入を処理し、領収書を出力します。 21歳未満の場合は、アルコールを購入するには若すぎるというエラー画面が表示されます。

始めましょう。

手動入力でフローチャートを開始

Microsoft Wordを開き、[挿入]メニューを選択します。[形状]ドロップダウンを選択して、使用可能なすべてのフローチャート形状を表示します。

フローチャートのメニューを挿入

を探して選択します Terminator 形。 ターミネーターの形状は、フローチャートを開始するために使用される形状でもあることを忘れないでください。

Wordページの上部に図形を描画し、塗りつぶしとアウトラインの色を好きなように設定します。 図形を右クリックして、 Add Text 図形内にテキストを入力します。

図形にテキストを追加

次のように入力します Program Launched または単に Start このブロックのテキスト。

次に、ユーザー入力用のブロックが必要になります。 を選択 Insert、 選択する Shapes、手動入力形状を選択します。 これを開始ブロックのすぐ下のWord文書に描画します。 右クリックして、 Edit Text 手動データ入力を説明する適切なテキストを入力します。

手動入力のフローチャート

(同じ挿入メニューを使用して)矢印で線を引き、お好みの太さに線をフォーマットします。

次に、新しく入力されたデータをプロセスで処理する必要があります。

フローチャートでのデータの処理

フローチャートの次のステップでは、入力されたデータを管理する必要があります。 これにはプロセスブロックが必要です。

[挿入]メニューを使用して、[プロセスブロック]を選択します。 データエントリの下に配置し、矢印の線を追加します。

プロセスブロックの追加

このプロセスが正しく機能するためには、プロセスブロックがデータベースからユーザーの年齢(名前とSS#入力に基づく)を取得する必要があります。 あなたは特別なもののどちらかを使うことができます database ブロックまたは上記のより一般的な一般データストレージブロック。

このブロックをプロセスブロックの側面に追加し、そこからプロセスブロックに矢印を描きます。

データベース入力の追加

プロセスに適切な入力があるので、プロセスの下部からプロセス出力ラインを描画する必要があります。 通常、この場合のように、プロセスは決定を下す必要があります。 したがって、フローチャートの次のステップは決定ブロックになります。

Wordフローチャートの決定ブロック

プロセスブロックのすぐ下に([挿入]メニューから)ダイヤモンド決定ブロックを描画します。 プロセスが行う必要のある決定を説明するテキストを追加します。

いつものように、プロセスブロックの下部から決定ブロックに向かって矢印を描きます。

Wordで決定ブロックを追加する

前述のように、決定ブロックは入力を受け取ります。 考えられるすべての結果の出力が得られます。 この場合、YESの場合とNOの場合の出力があります。

技術的には、この決定はプログラム内で行われます。 多くの場合、決定ブロックはプロセスの決定を表すため、通常はほとんどの場合、プロセスブロックに従います。

三角形の下からの出力として矢印で線を引きます。 この行にYESのラベルを付けます。 決定ブロックの側面から斜めの線を引き、NOとラベルを付けます。 境界線のないテキストボックスを追加することで、ラベルを作成できます。

決定出力

次に、決定ブロックの各出力に論理フローを提供する必要があります。

MicrosoftWordでフローチャートを完成させる

これで、フローチャートブロックが最も意味のあるものを使用して、残りのフローチャートを作成するプロセスを続行できます。

完成したフローチャート

Off-Page Connectorブロックのいずれかを使用して、プロセスフローを別のページに続行できます。 または、Terminatorブロックを使用して、フローチャートの論理行を終了します。

Wordでフローチャートを作成するのは簡単です

ご覧のとおり、Wordでフローチャートを作成するのは複雑である必要はありません。 Wordは、ほとんどすべてのフローチャートを作成するために必要なすべての重要な論理ブロックも提供します。

フローチャートを使用して、アイデアをブレインストーミングしたり、重要な決定を行ったり、この例のようにプログラミングプロジェクトのロジックをグラフ化したりできます。

Wordを使用したくない場合は、図やフローチャートを描くために利用できる他のツールもたくさんあります。

また、古いバージョンのWordを実行している場合は、Word2007でフローチャートを作成する方法に関する記事を確認してください。

Rate this post
前の記事macOS Big Sur:最初に試す機能
次の記事MicrosoftWordでチラシを作成する方法