Microsoft Surfaceメトロスタイルのインターフェイスはタッチでナビゲートするのに十分簡単ですが、デスクトップは小さく、見づらく、タッチ用に最適化されていません。 デスクトップを指で使いやすくするための簡単な設定調整をいくつか示します。

表面表示設定の変更

タッチキーボードまたはタイプキーボードを使用してこれらの変更を行うことをお勧めします。簡単だからです。 ただし、必要に応じてタッチジェスチャを使用できます。

デスクトップから、デスクトップの右クリックして空の領域を選択し、[パーソナライズ]を選択します。

キーボードがない場合は、正方形の輪郭が表示されるまで、デスクトップの何もない領域を長押しします。 指を離して、コンテキストメニューから[パーソナライズ]をタップします。

メニューをタップ

パーソナライズウィンドウが表示されたら、[関連項目]の下の[表示]をクリックまたはタップします。

画面

次に、[表示]ウィンドウの[すべてのアイテムのサイズを変更]で、[小]から[中]125%に変更し、[適用]ボタンをタップします。

中くらい

125%では不十分な場合は、[カスタムサイズ設定オプション]をタップして、拡大するサイズを選択します。

カスタムサイズ

次に、変更が行われる前にサインアウトするように求められます。

サインアウト

再度ログインすると、デスクトップとファイルエクスプローラーのアイコンが大きくなり、タップしやすくなります。 テキストも大きくなり、ナビゲーションペインのアイテム間のスペースが増えます。

ファイルエクスプローラー

この例では、すべてを150%大きくしました。 より大きなサイズに切り替えると、Office 2013、システム管理ツール、Internet Explorer 10など、デスクトップ上のすべてのものが増加します。

フルデスクトップ

Tip: IE 10はデスクトップ上で大きくなりますが、ページをナビゲートしやすくしたい場合は、サイズを小さくすることをお勧めします。 ページサイズを変更するには、キーボードショートカットを使用します WinKey + – (ダッシュキー)。

シングルクリックまたはタップでアイコンを開く

Windows 8アプリはタイルをタップするだけで開きますが、デスクトップでは、キーボード、トラックパッド、またはマウスを使用せずに、従来のダブルクリックまたはダブルタップを使用します。 代わりにワンタップでフォルダを開くように設定を変更してください。

デスクトップヒットから Ctrl + X コントロールパネルを選択します。

CP

コントロールパネルが開いたら、カテゴリビューから大きなアイコンに切り替えます。

大きなアイコン

[フォルダオプション]をクリックまたはタップします。

フォルダオプション

または、次のように入力してそこに到達できます フォルダオプション [検索の設定]フィールドで、結果の下にある[フォルダオプション]アイコンを選択します。

フォルダ検索結果

[フォルダオプション]画面で、[Single-click to Open an item (Point to Select) [OK]をクリックします。

ワンクリック

この設定を変更する際の注意点。 Windows 8は、コンピューターとデバイス間で設定を同期します。 したがって、この設定を表面で変更すると、デスクトップまたはラップトップでも変更されます。 したがって、通常のPCでワンクリック設定を使用したくない場合は、元に戻す必要があります。または、設定同期機能をオフにすることもできます。

ただし、ページの最初にある最初のヒントであるすべてのアイテムのサイズを変更しても、他のマシンと同期されません。 大きいアイテムはSurfaceにのみ表示されます。

使いやすくするためのMicrosoftSurfaceのヒントはありますか? 私にメールを送るか、下にコメントを残してください!

Rate this post
前の記事MicrosoftEdgeに記事を読んでもらう方法
次の記事MicrosoftWordで1ページの横向きを作成する方法