Googleスプレッドシートで名前を分けたいですか? 試すことができる方法がいくつかあります。 このガイドでは、その方法を説明します。

パーソナライズされた電子メールをクライアントリストに送信するために、メールマージが必要です。 問題は、すべてのクライアントの名前が1つのセルに両方の名前でGoogleスプレッドシートに保存されており、「DearJohnSmith」はそれほど個人的に聞こえないことです。

ありがたいことに、これらのセルを取得して、名前と名前を分割して、好きなように使用できるようにするのは簡単です。

Googleスプレッドシートで名前を区切る場合は、以下の手順に従ってください。

SPLITを使用して名前を区切る方法

The SPLIT function Googleスプレッドシートでは、スペースやカンマなどの区切り文字を探すことで、テキスト文字列を分割できます。 この例では、名前データが次の形式であると想定します。 FirstName LastName、ただし、メソッドは、次のような他の形式で機能するように調整できます。 LastName, FirstName

To separate names in Google Docs using SPLIT:

  1. 名前の最初の部分を表示するセルをクリックします。
  2. タイプ =SPLIT( 名前を含むセルを選択します。
    GoogleスプレッドシートでSPLIT関数を使用する
  3. カンマ、引用符で囲まれたスペース、閉じ括弧の順に入力します。 名前がコンマで区切られている場合は、スペースの代わりにコンマを引用符で囲んで使用します。
    GoogleスプレッドシートでSPLIT関数を使用する
  4. プレス Enter—あなたの名前は分離して表示されます。
    Googleスプレッドシートで区切られた名前
  5. 数式を他の名前に適用するには、数式が表示されているセルをクリックしてから、セルの右下隅にある小さな四角をクリックしたままにします。
    Googleスプレッドシートに記入する
  6. 下にドラッグして、数式を他のセルに適用します。
    Googleスプレッドシートに記入されたデータ

テキストを列に分割して名前を区切る方法

SPLIT関数は、分離された名前データを使用して2つの新しい列を作成し、元の名前をそのまま残します。 元の名前を別の名前に置き換えたい場合は、 Split Text to Columns 道具。

To separate names using Split Text to Columns:

  1. 名前データを含むすべてのセルを強調表示します。
  2. プレス Data > Split Text to Columns
    Googleスプレッドシートでテキストを分割する
  3. を開きます Separator
    Googleスプレッドシートのテキストを区切る
  4. 選択する Space (または選択 Comma 名前データがコンマで区切られている場合)。
    Googleスプレッドシートのテキストを区切る

テキスト関数を使用して名前を区切る方法

上記の両方の方法で、2つのデータ列が作成されます。1つは名用、もう1つは姓用です。 場合によっては、名前または名前だけを抽出したいことがあります。 これは、2つの異なるGoogleスプレッドシート機能を組み合わせることにより、Googleスプレッドシートで可能になります。

まず、FINDを使用して、テキスト文字列内のスペースの位置を示します。 たとえば、スペースが5番目の文字の場合、FINDは5を返します。次に、LEFTを使用して、文字列の左側から設定された数の文字を抽出します。 スペースを含めたくないので、FINDによって返される数字より1つ少ない文字を選択します。

Googleドキュメントで名を抽出する

To extract a first name in Google Docs using text functions:

  1. 空のセルを選択します。
  2. タイプ =LEFT( 名前データを含むセルをクリックします。
    GoogleスプレッドシートのLEFT関数を使用する
  3. カンマを入力し、その後に FIND( , 次に、名前データを含むをもう一度クリックします。 引用符の間にスペースを入力してください。
    GoogleスプレッドシートのFIND関数を使用する
  4. 閉じ角かっこを挿入し、続いて -1 そして最後の閉じたブラケット。
    GoogleスプレッドシートのLEFT関数を使用する
  5. プレス Enter 名を抽出します。
    Googleスプレッドシートで抽出された名

上で説明した入力手法を使用して、数式を他の名前に適用できます。

Googleドキュメントでのミドルネームの抽出

2番目の名前を抽出する式は少し複雑です。 これは、FIND関数が、スペースが表示される文字列の先頭からの文字数を通知するためです。 2番目の名前については、最後から何文字表示されるかを知る必要があるため、テキスト文字列の全長からスペースの位置を減算します。

To extract a second name in Google Docs using text functions:

  1. 2番目の名前を表示するセルをクリックします。
  2. タイプ =RIGHT( 名前を含むセルをクリックします。
    GoogleスプレッドシートのRIGHT関数を使用する
  3. カンマを挿入して入力します LEN( セルをもう一度クリックする前に。
    GoogleスプレッドシートのLEN関数を使用する
  4. 閉じ角かっこを入力し、次のように入力します -FIND( , セルをもう一度クリックします。 引用符の間にスペースを入力してください。
    GoogleスプレッドシートのLEN関数を使用する
  5. さらに2つの閉じ括弧を入力して、数式を完成させます。
    GoogleスプレッドシートでRIGHTを使用する数式
  6. プレス Enter 2番目の名前が抽出されます。
    Googleスプレッドシートで抽出されたテキスト
  7. 上記の入力テクニックを使用して、数式を他のセルに適用します。

Googleスプレッドシートのデータを操作する

Googleスプレッドシートで名前を分けようとしている場合は、上記の手順で作業を完了できます。

ただし、Googleスプレッドシートでデータを操作する方法は他にもあります。 データをアルファベット順に並べてすべてを整理したり、重複を強調表示して繰り返しデータを見つけたりすることができます。 また、Googleスプレッドシートの他の条件付き書式ルールを使用して主要なデータを目立たせたり、フィルタビューを使用して調べたいデータのみを表示したりすることもできます。

Rate this post
前の記事MACフィルタリング:ワイヤレスネットワーク上のデバイスをブロックする
次の記事macOS Big Sur:最初に試す機能