継続的にループするハンズフリーのPowerPointプレゼンテーションを作成する必要がありますか? 方法は次のとおりです。

魅力的なプレゼンテーションを作成しようとしているときは、PowerPointにとらわれたくありません。 効果的なスライドトランジションが一致するようにタイミングを合わせて、シームレスに流れるようにする必要があります。

ただし、PowerPointプレゼンテーションに関与していない場合は、タイミングが必ずしも機能するとは限りません。 たとえば、ショップのディスプレイに画像やビデオを表示するために使用している場合は、PowerPointスライドを継続的にループさせる必要があります。

PowerPointプレゼンテーションをループしたい場合は、次のことを行う必要があります。

PowerPointスライドをループする方法

終わりのないPowerPointプレゼンテーションを作成するには、最初に複数のスライドを含むプレゼンテーションが必要です。 これをPowerPointで開いて開始し、次に Slide Show リボンバーに。

そこから、をクリックします Set Up Slide Show PowerPointのタイミングの変更を開始します。

PowerPointの[スライドショーの設定]ボタン

これにより、 Set Up Show、プレゼンテーションの種類やスライドを自動的に続行するかどうかなど、PowerPointの設定を変更できます。

Show Options、クリックして、の横にあるチェックボックスを有効にします Loop Continuously until Esc、次にを押します OK 保存する。

PowerPointのEscオプションまで継続的にループする

この設定により、PowerPointプレゼンテーションが停止するのは Esc キーボードのが押されています。 最後のスライドに到達すると、最初のスライドにループバックして最初からやり直します。

この設定の唯一の問題は、それでもユーザー入力が必要なことです。 プレゼンテーションは最初にループバックしますが、各スライドが自動的に進むわけではありません。真にハンズフリーのPowerPointプレゼンテーションを作成するには、次にスライドの移行タイミングを設定する必要があります。

PowerPointスライドの移行タイミングの設定

新しいスライドごとにマウスをクリックするのではなく、PowerPointスライドを自動的に続行するように設定できます。 これは、スライドのタイミングが調整され、プレゼンテーションがアクティブになった後はユーザーの操作をまったく必要としないことを意味します。

これを行うには、プレスに戻る必要があります Slide Show > Set Up Slide Show リボンバーに。 の中に Set Up Show、 クリック Using timings, if presentAdvance slides

PowerPointで自動スライドトランジションを有効にする

クリック OK ウィンドウを保存して閉じます。 スライドのタイミングを設定する必要があります。[Transitions これを行うには、リボンバーで。

PowerPointの[トランジション]リボンバータブ

TimingTransitions、次のスライドが表示されるまでにスライドが表示される時間の長さを設定できます。

クリックして有効にします After チェックボックスをオンにして、横のオプションボックスで時間を設定します。 無視してください On Mouse Click チェックボックス、 Set Up Showsはこれを上書きしますが、必要に応じてオプションのチェックを外してください。

PowerPointでスライドのタイミングを設定する

この設定は、現在選択されているスライドにのみ適用されます。 スライドごとに個別のタイミングを設定するか、を押してください Apply to All ボタン。 これにより、各スライドに同じタイミングが適用されます。

PowerPointのすべてのスライドにスライドのタイミングを適用する

これで、をクリックしてPowerPointプレゼンテーションをテストできます。 Slide Show > From Beginning リボンバー上で、またはを押して F5 キーボードで。

PowerPointの[最初から表示]ボタン

適用した設定が正しければ、PowerPointプレゼンテーションは最初から始まり、各スライドは設定された時間表示されます。 プレゼンテーションが終了すると、ユーザー入力なしで最初にループバックします。

を押すと、通常どおりプレゼンテーションを終了できます。 Esc キーボードで。

PowerPointの表示タイプの使用

PowerPointプレゼンテーションが自動的にループするように設定されている場合でも、スライドを押してスキップしたり、コントロールを表示したりできます。

真のハンズフリーキオスクディスプレイになるには、ショーの種類を変更する必要があります。 これにより、ユーザーはスライドをスキップしたり、スライドコントロールを表示したりできなくなります。 これを行うには、を押します Slide Show > Set Up Slide Show リボンバーに。

の中に Set Up Show、下に3つの利用可能なショータイプが表示されます Show types。 キオスクモードに切り替えるには、 Browsed at a kiosk (full screen) オプション。

PowerPointでキオスクモードを有効にする

クリック OK 完了したら保存するには、を押してプレゼンテーションを起動します Slide Show > From Beginning またはを押すことによって F5

有効にすると、PowerPointコントロールを表示したり、スライドをスキップしたりすることはできなくなりますが、 Esc プレゼンテーションを終了するためのキー。

ハンズフリーのPowerPointプレゼンテーションの作成

PowerPointは、ハンズフリープレゼンテーションを作成しようとしている多くのユーザーにとって頼りになるツールであることが証明されていますが、それ以上の機能があります。

ExcelデータをPowerPointに挿入して、データが豊富なプレゼンテーションを作成できます。より視覚的なものを探している場合は、代わりにPowerPointにビデオを追加できます。

Rate this post
前の記事LogiOptionsMgr.exeプロセスが実行されているのはなぜですか? 取り外しても安全ですか?
次の記事YouTubeビデオをループする方法